ロールスクリーンとその種類、選び方について

ロールスクリーンとはカーテンの一種です。布地などを巻き上げ、スプリングを内蔵した上部のシャフトに収納する仕組みとなっています。完全に巻き上げずに好みの位置で留めることもできるため、カーテンと同様に使うほか部屋の間仕切りやアクセントにするなど様々な使い方が可能です。巻き上げる仕組みとしては、コードを引っ張る方式とチェーンを引っ張る方式に大きく分けられます。コードを引っ張る方式では、下ろす時にはそのまま引き下げ、巻き上げる時には少し下に引き下げるとロックが外れて自然と巻き上がるようになっています。

従来の製品には巻き上がる勢いが強いものもありましたが、近年ではかなり改善されてきておりそのようなことはなくなりました。チェーン方式の場合は輪になったチェーンが本体についており、そのチェーンを回すことによって昇降が可能です。ロールスクリーンを選ぶ時に注目したいのは、その幅です。ロールスクリーンは横に繋ぎ合わせることができないため、基本的に200cm程までであることがほとんどです。もちろんそれより広い製品もありますが、個人宅の場合は2台取り付けたほうが使い勝手が良いことが多いです。透け具合のチェックもロールスクリーン選びには欠かせません。付ける場所によって透過性をしっかりと把握する必要があるのです。

外からある程度見えにくく明るさだけを確保できるタイプが一般的ですが、たとえば脱衣所の窓に取り付けるなどの場合はさらにプライバシーに配慮したいものです。このように使用目的を考えた選択が重要となってきます。ちなみに生地のタイプも様々です。浴室用の生地も存在します。近年では自宅で洗濯が可能な記事も人気があります。ロールスクリーンは一般的に取付補助金具を窓枠に留め、そこにはめ込む形で取り付けます。しかしもしもそれが難しいようであれば、家具などに取り付けられる伸縮と固定ができる棒を使って取り付けることも可能です。生地が重いと強度が弱くなりがちですが、極端に大きな窓でなければほとんど問題はありません。またカーテンレールに専用の金具で取り付けるという方法もあります。このように取り付けたい場所によって取り付け方もあらかじめ考えておく必要があるのです。ちなみに既にロールスクリーンが取り付けられている場合は生地だけを交換することができます。存在感があるため、生地を変えるだけで部屋の印象をがらりと変えることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.